キャッシングの審査には勤続期間が重要

投稿者: | 2019-09-18

書類に不備なくキャッシングに審査を申込んだら審査に落ちてしまったものの、なぜ審査落ちしたのかわからないと言う場合に、まず注意するべきなのは勤続期間です。

同じ職場で勤務し続けることは、キャッシングの審査において非常に重要になります。

返済能力には安定した収入が必要ですが、勤続期間が短いと、すぐに仕事を辞めて収入がなくなるんじゃないか、とキャッシング会社に警戒されます。

返済能力を疑われれば審査に通りにくくなりますし、通っても限度額は低くなります。

キャッシングをするなら最低でも半年以上、できれば1年以上勤続してから、審査を申し込むべきでしょう。

ただし、勤続期間が短いからと、それを誤魔化すように虚偽記載をすると審査に落ちるだけでなく、法律で罰せられる可能性もあるので、絶対にしてはいけません。