銀行の中に設置されている自動契約機

投稿者: | 2019-07-21

街角やロードサイド、銀行の中に設置されている自動契約機。

誰にも会わずにカードの契約ができるのでとても便利です。

では中の様子、審査状況はどのようになっているのでしょう。

自動契約機に入室すると、まず自動音声が流れ、契約までの流れ、大まかな所要時間がアナウンスされます。

そして契約機のタッチパネルで年齢性別などの簡単な個人情報を入力します。

その後備え付けの用紙に氏名職業年収などの詳しい情報を記入します。

タッチパネルの下に用紙を入れる口があり、そこに入れることになります。

自動契約機の中に書類を読み取るスキャナーがあり、書類を自動契約機とは別途設けられた場所でオペレーターがチェックして審査となります。

読み取って数分した後、室内にある電話機にオペレーターから在籍確認をする旨電話がかかってきます。

オペレーターは契約希望者の勤務先に在籍確認の電話を入れます。

「〇〇いますか~」「あいにく外出中です」程度の簡単なものです。

その後再度電話があり審査結果が報告され融資可能であれば実際の利用方法の説明があって終了です。

ここまで問題がなければ15分程度ですが、高齢の方や他社借り入れのある方だと1時間近くかかることもあるようです。