審査に落ちるのは何故なのか

投稿者: | 2019-06-30

キャッシングをするためには最初に審査を通過させなければなりません。
これは、銀行や消費者金融の違いに関係なく必ず行われます。
審査の結果を待っている間は落ち着いて構えていることは難しいと思います。
落とされたらどうしようかと、不安になるでしょう。

では、キャッシングの審査ってどんな事を調べているのでしょうか。
また、何が原因で落とされるのでしょうか。

キャッシングの審査は、信用情報機関と言われるところで管理されている情報を照会することで個人情報を調査します。
無断で調査されるのではなく、申込の時に照会をすることに関して同意することになります。
ここで申込者の過去を調べ、銀行を除き、申込金額と他社借り入れ額の合計が年収の3分の1になっているか、何処に対してどれだけ遅れがあったのかなどを基準にしていくらまで融資可能なのかコンピューターが自動算出します。
手作業でやっているわけではなく、融資の可否も限度額もコンピューターが決めています。
そして、融資不可の結果だったとしても理由を教えてもらうことはできません。
教えてもらえないと言うより、知らないのです。
審査内容の優先順位は各会社異なっているようで、一ヶ所で落ちたから他もすべてダメということにはなりません。
ただ、注意が必要なのはキャッシングを申し込んだ事実も信用情報機関に記録されますので、あちこち短期間で申し込みをしてしまうと通称「申し込みブラック」と言われる状態になってしまい、半年ほどは記録が消えません。
審査も通りにくくなって不利となります。
審査が不安な場合には、ご自分の他社借り入れ額と遅れの有無をしっかりと把握して臨まれるとよいかと思います。