身近な人に借りるより、利子が少なくすんだりします。

投稿者: | 2020-03-20

キャッシングというとやはり心配なのが利息ではないでしょうか。
確かに大きな金額を長期間借り入れるとなると、利息も大きな金額に成ってしまうことは事実です。

しかし、急に現金が必要になったときに、一時的に借り入れるという使い方に関しては、キャッシングはとても利便性があります。
飲み会、友人との買い物、お給料日前のランチ会・・・ふとした時に現金が必要になるということは往々にしてあります。

クレジットカードが使用できれば問題ありませんが、個人会計ではなく割り勘だったり、おしゃれな個人経営カフェはそもそもクレジットカードに対応していないということがあります。
そういったときに、どうするか。

友人を頼って借りる・・・という方法もなくはないのですが、お金の貸し借りが生む、独特のもやもやとした雰囲気はお互いに残ってしまうのが現実です。

返済時、ぴったり返すどころか、切りの良い金額で少し多めに返したり、あのときはありがとうね、と小さなお菓子を添えたり・・・「おつきあい」として関係を作るものではありますが、結果手にキャッシングを利用する利子より高くついてしまうことが多いのではないでしょうか。

身近な人を頼る程度の金額の現金が手元にない。そういったときは、システマティックに現金を借りることができるキャッシングに頼ってみるのは一つの方法です。