キャッシングをして信用情報に履歴が残っても大丈夫?

投稿者: | 2020-01-28

キャッシングを利用するとリアルタイムで信用情報に履歴が残ってしまいます。住宅ローンや車のローンなど多額の金銭取引をする時に審査が行われますが、信用情報を確認するのでキャッシングをしていると影響してきてしまうと思ってしまう人もいるでしょう。そこでキャッシングをして信用情報に履歴が残るとどのような影響があるのか見ていく事にしましょう。

・普通にキャッシングをしていれば実績になる

キャッシングは世間的にあまりイメージが良くないので信用情報に残ってしまうと印象が悪くなると思ってしまう人がいます。しかし返済期日までにしっかり返済していて普通にキャッシングをしていれば実績として信用情報に履歴が残るので印象が良くなります。住宅ローンや車のローンの審査でもキャッシングの実績があるとしっかり返済する能力があると判断されて可決されやすくなります。普通にキャッシングをしていれば問題ないのであまり心配する必要はありません。

・問題を起こしてしまうと影響してくる

キャッシングをしている時に長期滞納や契約解除など問題を起こしてしまうと信用情報に金融事故としての履歴が残るので住宅ローンや車のローンの審査でも印象が悪くなってしまいます。それで日常生活に支障が出る事もあるのでキャッシングをする時は問題を起こさない事が大切になってきます。