キャッシュレスかでキャッシングに利用は限定的!

投稿者: | 2019-12-11

キャッシングといえば、事業性資金以外であれば自由に利用でき、ATMから都合の良い時に現金を借り入れできるといったメリットがあります。日本国内では未だ、現金決済が主流であり、冠婚葬祭の時には現金が必要になります。

そのほか、小さな店舗や施設ではクレジットカードによる決済に対応していないことも多く、手元に現金が無い時にはキャッシングは有効と言えます。しかし、最近ではキャッシュレス化が推進され、クレジットカードによる決済可能範囲が拡大しつつあります。さらにはスマートフォンを利用したキャリア決済、QRコードよる決済が開始され、現金が必要になるシーンは限定的になりつつあります。結果、キャッシングにより現金を調達するシーンは少なくなり、現在では自由に利用できるといっても、キャッシングの方がクレジットカードによる決済よりもコストをかける状態になっています。

先ずは、本当にキャッシングの方が有利か、クレジットカードの方が返済負担が少ないか見極め、全てキャッシングに頼らないことが重要です。